初めての動物病院に来院するのはどなたでも緊張されると思います。
どんな獣医師なんだろう・・・・・
人間の食べるものを食べてるって言ったら怒られないかな・・・・・
優しく対応してくれるかな・・・・・
いくらぐらいかかるかしら・・・・・    etc.etc…
そういった不安があると、動物の状態や飼育環境等を正確に伝えづらくなってしまいます。 
動物病院において問診は非常に重要で、問診によって病気を推測し、それに沿った検査を行い確定診断をして、治療に移ります。 
そこで当院では以下のことを心がけていきたいと思っています。 

診 療 方 針

(1)明るく、温かい雰囲気
        スタッフ一同笑顔を心がけ、待ち時間でもお気軽に声をかけていただけるような雰囲気作りをしていき、オーナー様と

      わんちゃん、にゃんちゃんの緊張を出来るだけ和らげていただきたいと思います。 

(2)インフォームドコンセント
       検査、治療を行う際、オーナー様が納得のいくまで話し合い、全ての検査、治療は行う前に一つ一つ、何のためにする

      のか、動物の負担はどの程度か、どのくらいの時間がかかって、値段は幾らかをご説明させていただきます。 

(3)診療技術の向上
       本邦の獣医学は日進月歩しており、数ヶ月前まで行っていた治療が既にスタンダードな治療法でなくなることもありま

      す。獣医学の進歩に遅れないよう、積極的に学会や研究会に参加し、また、文献や論文収集、分析にスタッフ一同努めて

      いきたいと思います。当院では、特に一般内科、皮膚疾患、循環器疾患、腫瘍に力を入れています。